弁護士法人ピース

お問い合わせ番号(下関)|TEL.083-232-7167お問い合わせ番号(門司)|TEL.093-372-7167

こんな時は弁護士にご相談ください

ホーム > こんな時は弁護士に > 取り扱い事件-債務整理・破産・個人再生

債務整理・破産・個人再生


債務整理

・・・準備中・・・


破産

・・・準備中・・・


個人再生

・・・準備中・・・


費用について

自己破産(同時廃止)
・免責手続き
原則、 着手金30万

※申立に必要な費用・予納金等は別途5万円必要となります。
※ご相談内容(債権額・債権者数・契約内容等)により必要な費用は異なる場合があります。ご相談時に費用の説明もいたします。
債務調査 原則、1社に付き金2万円

債務調査(取引明細の開示)、利息制限法に基づいた計算をし、正確な債務金額を割り出します。完済分に関しても過払金が発生していないかを調査いたします。
債務調査の結果に基づき、今後の方針を弁護士が相談いたします。

この段階で過払金が発生していれば返還請求を、債務が残っている場合は任意整理の手続きをするようになります。
その場合の費用については相談内容(過払金額又は債権額・債権者数・契約内容等)により必要な費用が異なる場合がございます。
ご相談時に費用の説明もいたします。

【上記用語について】

※1 経済的利益とは、お客様が我々に仕事を依頼することによって、取得、維持または回復しようとする金額、目的物の時価相当額をいいます。
例≫債権の回収では、回収しようとする債権の総額となり、不当に占拠された不動産の回復では、回復しようとする不動産の時価となり、違法行為による損害賠償の請求では、取得しようとする損害賠償額となります。

※2 着手費用とは、依頼者が得ようとする経済的利益に一定の割合を掛けた金額で、業務の成否に関わらず、最初にいただく料金です。

※3 成功報酬とは、依頼者が実際に得られた経済的利益に一定の割合を掛けた金額で、業務が終了したときにいただく料金です。


ケースにより費用が異なります。詳しくはご相談時にお尋ねください。

なお、初回のご相談については電話で、ご予約ください。


ご予約・お問い合わせはこちら

▲このページの先頭へ